医学部に合格するために実績のある予備校を選びました

医学部合格を目指すコースのある予備校へ

二次試験で失敗して浪人生活をすることに医学部合格を目指すコースのある予備校へ目標が共通しているので同志のような気持ちに

SNSを見ても充実した学生生活を見ることで焦りを感じてしまい、勉強も手につかない状態になりました。
そうしたら当然ながら、全国模試を受けても現役の頃より順位や偏差値が下がっていますし、合格判定でもCやDを得てしまうようになりました。
このままでは2年浪人もありうるのではないかと不安になったので、予備校に通うことにしました。
浪人向けの予備校で、朝9時から学校と同じように授業が始まり夕方まで行われます。
好きな講義を自分で選択することができますが、医学部合格を目指すコースがあったので、それを選びました。
その予備校に決めた理由は、これまで多くの学生を医学部合格に導いてきた実績があることと、二次試験や面接に関して手厚いサポートがあることです、センター試験は高校の教科書レベルの問題が中心になりますが、二次試験はそれぞれの大学が作成しているのでレベルも内容も異なります。
面接に関しても、想像もしていないような質問をされると戸惑って答えられないことがあるので、それらのサポートをしてもらえるのはありがたいと感じました。
二次試験の対策方法として過去問が掲載されている問題集で勉強をしていましたが、予備校ではそれぞれの大学によって、出題される傾向が高い問題をまとめてあったことには驚きました。
さすが実績が高いだけあって、学生に必要な情報を取り揃えていると感動しました。

医学部 予備校医学部予備校メディカルフォレスト東京